FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

歯の面からこの有害な毒素を出す歯石を取ると、周りの歯茎の炎症も減り自ずと歯茎が引き締まります。

これが、いわゆる歯茎がやせたという事です。


これにより、


・歯の隙間が大きくなった

・水が凍みる

・歯が動くようになった

・歯が長くなった

・物がつまるようになった



などなど、元来なかった副作用とでも言うような症状がでてくることがあります。



事前にお話をし、このような可能性を受け入れることのできる人に処置を行います。


当院の場合、成人の9割程度理解していただき施術しています。
スポンサーサイト



歯石除去後、1週間以上あけて2回目の歯周病検査を行います。

1回目は歯石が付いていた個所は正確に測定できませんが、今回は歯周ポケットの入り口にあった歯石を取った後の検査のため、実態に則した検査結果になります。

その結果をふまえ、今回から本格的な治療にかかります。


通常、キュレットという器具を歯茎の中まで入れると痛むため、麻酔を使用します。

歯茎や歯を削るのが目的ではなく、歯の表面に固着し石灰化した歯石を歯から剥がすのが目的です。