FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

「チクッ」とした歯に嫌な痛みを感じたことはないですか?


日本人の約3人に一人が「知覚過敏」を経験していると言われています。

知覚過敏とは、歯の表面(エナメル質)が摩擦などで歯が削れ、

冷たい、熱い、甘い、酸っぱいといった刺激が、歯の神経に直接伝わり、

“キンとした痛み”が生じる症状です。


そこで今回は、

知覚過敏を改善するために、日常生活で気をつけたいことをご紹介します。




やってはいけないこと

研磨剤入りの歯みがき剤で磨く

市販されている多くの歯みがき剤は「研磨剤(歯磨剤)」が配合されています。

しかし、その研磨剤は危険です!徐々に歯のエナメル質を傷つけていき、

知覚過敏を引き起こすことがあります。

研磨剤の含まれていない、もしくは研磨剤の配合量が少ない歯みがき剤を選びましょう。

オススメの歯みがき剤は、硝酸カリウム入りの歯みがき剤です。

この歯みがき剤は、痛みを感じる部分にバリアを作り、外部の刺激から歯を守ってくれます。

症状が軽い場合は、このような歯みがき剤を使うだけで改善される場合があります。



ホワイトニングを頻繁に行う

「歯を白くしたい!」という方が増え、

最近では、ドラッグストアなどで手軽にホワイトニングアイテムが手に入れられるようになりました。

しかし、ホワイトニングで使用する薬剤が、むし歯や歯の細かいすき間に入り込むと、

知覚過敏の症状が出てしまうことがあります。

歯科医院でするホワイトニングも同様で、もし歯がしみる場合は、すぐに中断し、

歯科医に相談してください。



いかがでしたか?


続きはまた来週お伝えします。。。









スポンサーサイト



口呼吸をすると、外気がそのまま口腔内に入ってしまう為、身体への負担がかかりやすくなり、
さまざまな症状を引き起こす原因となります。
今の時期は特に、のどが乾燥して、風邪をひきやすくなったりもします。
口呼吸は、唇周辺と頬の筋肉を鍛えることで改善され、
その他のさまざまな症状も軽くなります。

そこで、
Mパタカラというリップトレーニング装置を紹介します。
この装置の使い方は、
1回3分、1日4回以上を目標にして
このMパタカラを唇の力でくわえたまま口を閉じるだけです。

最初のうちは、口が自然と開いたり、首や頬が筋肉痛のようになったりしますが、
正しいやり方で続けていくと、効果が徐々にあらわれてきます。

パタカラは脳梗塞の後遺障害のリハビリにも使われていて、
摂食機能障害も改善されると言われています。

その他、効果として
健康面はいびき・睡眠時無呼吸症候群、歯周病の改善や口臭抑制などの効果があります。
また、美容面では小顔効果、口角リフトアップ効果、美肌効果、ダイエットにも効果があります。

お口周りの筋肉を鍛え、口呼吸に変えるだけで健康になり、美容にもいいとなると
とても贅沢な気がしますね。

口呼吸をやめて、鼻呼吸を心がけて、健康を維持していきましょう。
私たちの生活環境中の金属製品は、著しく種類も量も増加しています。
若者の間でピアスが流行した結果、金属に対する感作率が増大し、
アレルギー性接触皮膚炎が見られるようになりました。

歯科治療でも、金属を装着することによって、
お口の中や皮膚に湿疹やただれ等の症状を呈することがあります。
もし、そのような症状が起きた場合は、原因の金属を外し、
その方にとってアレルギーを起こさない安全な材料を用いて、治療を行います。
現在の歯科治療には、金属は必要不可欠なので、
どの金属に敏感か治療前に知っておくことが重要です。
続きを読む
先日成人式がありましたが、若い男女でも歯並びや着色が気になり、歯を見せて笑えない人が多いようです。

 ある会社が25~39歳の男女1,000人に歯に関する意識調査をしたところ

「歯の美しさに自信がありますか?」の質問に84%もの人が「自身がない」と回答。

一方、「歯が白いとその人の印象がアップすると思いますか?」と質問したところ
93%が「そう思う」と回答。


歯はその人の印象を左右する、重要なポイントと言えそうですね。


よしずみ歯科医院では、ホワイトニングも行っていますので、気軽に御相談下さい。

また、ホームページでも紹介していますので参考にしてください。。。







新年あけましておめでとうございます。

昨年ほどは冷え込まず、過ごしやすいお正月でした。
初詣など、出かけられた方も多いのではないでしょうか?


当院も本日から、平常通り診療いたします。
みなさまの健康維持のお手伝いができるように頑張ります。
今年もよろしくお願い致します。