FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。


むし歯を予防するには、歯だけを磨くのでは不十分であることをご存知でしょうか?
歯は見えている部分が全体の30%程度しかなく、実際は残りの70%が歯ぐきに隠れているのです。

つまり、その隠れた部分にもケアが必要なのです。このケアを怠ると「歯根むし歯」になってしまいます。日本人の2人に1人がこの症状にかかると言われています。

歯根むし歯は、歯ぐきが下がって露出した歯の表面にできたむし歯です。
歯周病の治療が少し進んで、歯肉の腫れが引くと出てきたりします。
歯の根の表面は、神経との距離がとても近く、また、詰め物もつきにくい場所です。

歯根むし歯は、通常のむし歯に比べて進行が3倍速く、日頃のケアが必要です。
なぜ、通常のむし歯と歯根むし歯の進行に差があるかというと、
歯の表面の「エナメル質」に原因があります。
見えている部分の歯は、エナメル質で守られているため、フッ素強化により、むし歯の進行を抑制することができます。
しかし、歯根の部分にはエナメル質がないため、歯質の強化がしにくいのです。

歯周病の治療がひと段落しても、安心せず、
フッ素入りの歯みがき剤を使用して、毎日の歯みがきを欠かさず行いましょう。

この機会に歯と歯ぐきの健康を見直してみませんか?
スポンサーサイト



最近の患者様の傾向として、歯の着色や「ツヤがない」など
ご自分の歯の美しさについて悩んでいらっしゃる方が増えてきています。
患者様自身の歯に対する美意識が高まっているようです。

そこで、今日は、『歯のツヤ』についてご紹介したいと思います。


ツヤのない歯の表面には沈着汚れによる凹凸が存在し、この凹凸が光を乱反射し、
歯のツヤを低下させる原因となっているのです。

この汚れによる凹凸は『リン酸カルシウム』などの無機質と
だ液に含まれるたんぱく質が組み合わさったもので、とても複雑な構造をしています。

これらを除去しやすくする成分である『フィチン酸化合物』『ピロリン酸化合』という物質が含まれている歯みがき剤などで
ケアすることをオススメします。

また、だ液分泌量の減少による口内環境の悪化なども沈着汚れの原因になります。
だ液の減少はストレスや疲れ、エイジングなど様々な要因から発生し、むし歯や口臭の原因にもなります。

歯の汚れは一度付着すると落ちにくいです。
美しくツヤのある歯を手に入れるためにも
ストレスのない健康的な生活習慣を取り入れていきましょう(^o^)丿
明日は、バレンタインデーですね(^^♪
そこで、今日はチョコレートの効果を紹介したいと思います。

チョコレートにはカカオ・ポリフェノールがたくさん含まれています。
このカカオ・ポリフェノールは、「抗酸化作用」があり、がん動脈硬化の原因となる活性酸素を抑えてくれます。

他にも、色んな効果がありますよ。

抗ストレス身体的なストレス状態でカカオ・ポリフェノールを体内に取り入れると、
ストレスにうまく適応できることがわかりました。
心的ストレスに対する抵抗力を高める効果もあります。

② 栄養バランスが良い
カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などを豊富に含み、特にカルシウムマグネシウムのバランスがとても良いです。
カルシウムは現代人に不足しがちですし、マグネシウムの不足は心臓病のリスクを高めます。
栄養バランスの面でも、とても優れています。

アレルギーリウマチにも
花粉症アトピーなどは活性酸素が原因の一つになっているので、カカオ・ポリフェノールの効果により、活性酸素が過剰に働くのを抑えてくれます。

④ 集中力アップ!!
チョコレートの香りには、集中力・注意力・記憶力をあげる効果があります。


また、意外ですが、カカオ成分にはむし歯菌の発生を抑える効果があります。
ラットの実験では、むし歯菌そのものの進行が抑えられるという結果が得られました。
ただし、市販されているチョコレートには砂糖もたくさん入っていますので、
食べた後は、歯みがきを忘れずに(^o^)丿

実はからだにいいこといっぱいのチョコレート。
時間を決めて、日常生活にうまく取り入れてみましょう(^u^)
お待たせしました(>_<)

前回の続きで、

「歯がしみる」と感じる時に、絶対にやってはいけないことを紹介します。



しみる部分の歯を避けて磨く

知覚過敏になっている歯は、歯ブラシが当たると痛みを感じるため、

きちんと磨かれていないことが多いです。

しかし、それでは知覚過敏の歯にプラーク(細菌のかたまり)が残ってしまうので、

むし歯や歯周病などの歯のトラブルを招いてしまいます。

硝酸カリウム入りの歯みがき剤を使い、正しいブラッシングで、

プラークをしっかり落とすことが重要です。


食後、すぐに歯を磨く

以前は「食べたらすぐに歯を磨く!」と言われていましたが、

知覚過敏の症状が出ている場合は、逆効果です。

食後はお口の中が酸性化し、歯のエナメル質が軟らかくなっていることが多く、

その状態で歯みがきをすると、エナメル質を傷つけてしまう可能性があります。

可能であれば、食後1時間後に歯を磨くようにしましょう。



いかがでしたか?

日頃の歯みがきを見直してみましょう(*^_^*)