FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。


大人になるとエナメル質が硬くなるため、新たにむし歯にかかることは少ないですが、
治療済みの歯が再び悪くなる二次むし歯がほとんどです。
治療した被せものや詰めものの隙間から少しずつむし歯が進み、
神経を抜いている歯に至っては痛みを感じないため、
気付いた時には奥深くまでむし歯が進行している場合もあります。

むし歯を防ぐためには、日頃の生活習慣が大切です。

まず、だらだらと食事をしないことです。
食事をすると口の中が酸性に傾き、
カルシウムなどの成分が溶け出す“脱灰”が起こります。
しかし時間が経つとだ液によって中和され元の状態に“再石灰化”されます。
だらだら食べていると再石灰化する時間がないので、むし歯になりやすくなります。

また、飲み物にも注意が必要です。
コーヒーや緑茶などのカフェインの多いものは大量に飲むと再石灰化を助けるだ液の分泌が減ります。
柑橘系のジュースやお酢は酸が強く、歯がとけやすくなります。
もし、酸の強いものを飲んだり食べたりした時は、
よくうがいをして、30分以上経ってから、歯みがきをしてください。

食事の面では、
カルシウムの多い食事を心がける事が大切です。
小魚や牛乳、チーズは、歯の再石灰化を助けるカルシウムが豊富な食材です。
また、野菜や海草などアルカリ性の高い良く噛む食材は、
だ液の分泌を促し、再石灰化を助けます。

最後に、
キシリトールのガムをかむのも効果的です。
キシリトールにはむし歯の原因菌であるミュータンス菌の働きを弱める効果があります。
食後すぐに歯みがきができない方は、キシリトール入りのガムを2~5分噛むだけでも
違ってきますよ。
スポンサーサイト