FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

前回に引き続き、白い歯を維持するために、
酸蝕歯を予防するための予防やケアの仕方をご紹介します。

食後、口の中は酸性に傾きます。唾液にはそれを中和し、エナメル質から溶け出したカルシウムを再び歯に浸透させる働きがあります。
梅干しなど酸っぱいものを見ただけで自然と唾液が増えるのは、体が強い酸に備えるためと考えられています。
とはいえ、酸の強い飲食物をとった後には、口の中の酸を早めに中和することをお勧めします。
口の中をすすぐつもりで水やお茶などを飲んでみたりするのもよいでしょう。
また、酸に触れた直後は、エナメル質が軟らかくなっている状態なので、
歯磨きの前には水でよくうがいをして、食後30分以上たってから歯磨きをしましょう。
強いブラッシングもエナメル質を傷つける原因になります。

摩耗や酸蝕によってすでに失われたエナメル質は元通りにすることはできません。
しかし、これ以上悪化させないためにも、歯のエナメル質を守り、強化することがとても大切です。
毎日の歯磨きでもエナメル質を強化することができます。
歯磨き剤は低研磨性で歯にダメージを与えにくく、かつフッ素入りのものがオススメです。
歯ブラシは、コシのある軟らかめの歯ブラシがよいでしょう。

エナメル質を守るために!!
☆ダラダラ食べない!チビチビ飲まない!
☆飲食後は、水やお茶で口の中をすすぐ
☆かむ回数を増やし、唾液の量を増やす
☆口の中を、やさしくクリーニングしましょう。
スポンサーサイト



前回に引き続き、白い歯を維持するために、エナメル質についてご紹介します。

エナメル質は、食事などによる酸の影響や硬い歯ブラシ、研磨剤なでの刺激で、
絶えず傷つけられています。
エナメル質の摩耗による黄ばみには、強いブラッシングは逆効果です。
傷ついたエナメル質にはかえって汚れも付きやすくなります。
歯磨きは“磨く”のではなく、“口の中をやさしくお掃除する”ものと思って、
歯磨きをしていくとよいでしょう。

また、エナメル歯の主な成分はカルシウムで“酸に弱い”という性質があります。
食べ物などに含まれる酸によってエナメル質が軟らかくなり、歯が薄くもろくなったりします。
さらに進むと内側の象牙質が透けて歯が黄ばんで見えたり、削れたり欠けたりしてきます。
酸により歯のエナメル質が溶けること(酸蝕)は、歯の本来の機能や見た目を損なう原因の1つに挙げられます。

歯のエナメル質は、ph5.5前後の酸で溶け始めると言われています。
毎日欠かさずフルーツを食べたり、ビタミンC入りの美容ドリンクや黒酢、クエン酸飲料などをよく飲んだり、ポリフェノールたっぷりのワインをたしなむ方は要注意です。
これらの多くは酸が強く、エナメル質を傷つける原因になります。
むし歯もむし歯菌そのものではなく、糖を餌にするむし歯菌が作り出す“酸”によって、歯が浸食されるのが原因です。食品による酸蝕も、実はむし歯と同じといえます。
酸度が強く、そのうえ砂糖も大量に含む炭酸飲料・清涼飲料水には特に注意が必要です。
酸の強い飲食物をとった場合は、きちんとケアすることが大切です。

次回は、酸蝕歯を予防するための予防やケアの仕方をご紹介します。
続きを読む
毎日きちんと歯を磨いているはずなのに、
歯がしみる、黄ばんで見えることはないですか?
毎日歯磨きしていても、年齢とともに歯もエイジング(加齢)し、白さや輝きが奪われていきます。

歯の本来の機能や見た目の美しさが損なわれるのには、主に以下の4つの原因が考えられます。
①むし歯や歯周病
②歯ぎしりや奥歯を強く噛みしめることなどによる磨り減り(溝)
③強く歯を磨くことなどによる磨り減り
④“酸”による歯の表面が(エナメル質)が溶ける
 
むし歯や歯周病、かみ合わせなどは歯科での治療が必要となるものです。
歯のトラブルは、そのまま放っておいても治らないので、早期の治療が必要です。
さらに、定期検診や歯石除去などで、歯の美しさとともに歯の健康を守ることをオススメします。

特にホルモンバランスの変化が大きい女性は、歯周病などになりやすいので注意が必要です。
歯周病菌の中には女性ホルモンが多い環境を好む菌があり、ホルモン量が増える生理前や妊娠中には歯周病のリスクが大幅に高まります。
歯周病のある妊婦は、歯周病がない妊婦中に比べて早産や低体重児出産のリスクが
約7.5倍にも高まると報告されています。
また、生理前や妊娠中は歯ぐきが過敏になりやすく、つわりなどもあり歯磨きがおろそかになったり、吐き戻した胃酸で歯が弱まったりと悪循環を招きやすい状態です。
口腔内疾患の治療は妊娠前にすませておいた方がよいでしょう。
また、更年期に差し掛かると、女性ホルモン量が低下する影響で、骨粗しょう症や唾液の分泌機能低下によるドライマウスのリスクも高まります。これらの疾患も歯周病を招く原因と考えられているので注意が必要です。

美しく健康は歯を維持するためには、常に口の中を清潔にしておくことが重要ですが、
実は“念入りな歯みがき”にもリスクが潜んでいます。
研磨力の強い歯磨き粉などでゴシゴシ磨く人がいますが、かえって逆効果になることがあります。
歯の表面を覆っているエナメル質が薄くなって中の象牙質が透けてしまうと、歯の輝きが奪われ黄ばんで見えることがあるからです。

次回は、歯の美しさを担うエナメル質について紹介します。
食事や会話を楽しむのに必要不可欠な歯。
その歯を脅かすむし歯をつくるのがミュータンス菌です。
口の中にすみ着いた菌は、砂糖を分解して酸を生み出します。
この酸が歯を溶かしてむし歯をつくるのです。
菌は唾液1ml中に1万~100万個も生息しているとされています。

では、歯を菌から守るには、どうすればよいのでしょう。
菌は歯が生える前の赤ちゃんには存在しないため、まずは感染を防ぐことがポイントです。
菌は唾液から感染するため、歯を持つ家族からの食べ物の口移しや、スプーンの共有などに注意してください。

感染しやすいのは、乳歯が生えそろう生後19~31カ月。
感染すると、乳歯の奥歯の隣に生える最初の永久歯に菌がうつり、むし歯が広がります。
このため、繁殖減となる砂糖を含む食物をなるべく控え、
奥歯を中心に、大人が丁寧に仕上げ磨きを手伝い、菌の定着を防ぐことが大切です。

こどもも大人も感染してしまった時は、菌の数を減らすことで、むし歯を防げます。
その基本は、毎食後の歯磨き。しかし、菌が歯の表面に作る「バイオフィルム」をいう
粘膜性の高い膜は、歯磨きだけではなかなか落ちません。
食物繊維を多く含む食物をよく噛んで食べることで、膜をはぎとる効果が期待できます。

むし歯は自然に治らないので、予防と早めの治療がとても大切です。