FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

前回に引き続き、白い歯を維持するために、エナメル質についてご紹介します。

エナメル質は、食事などによる酸の影響や硬い歯ブラシ、研磨剤なでの刺激で、
絶えず傷つけられています。
エナメル質の摩耗による黄ばみには、強いブラッシングは逆効果です。
傷ついたエナメル質にはかえって汚れも付きやすくなります。
歯磨きは“磨く”のではなく、“口の中をやさしくお掃除する”ものと思って、
歯磨きをしていくとよいでしょう。

また、エナメル歯の主な成分はカルシウムで“酸に弱い”という性質があります。
食べ物などに含まれる酸によってエナメル質が軟らかくなり、歯が薄くもろくなったりします。
さらに進むと内側の象牙質が透けて歯が黄ばんで見えたり、削れたり欠けたりしてきます。
酸により歯のエナメル質が溶けること(酸蝕)は、歯の本来の機能や見た目を損なう原因の1つに挙げられます。

歯のエナメル質は、ph5.5前後の酸で溶け始めると言われています。
毎日欠かさずフルーツを食べたり、ビタミンC入りの美容ドリンクや黒酢、クエン酸飲料などをよく飲んだり、ポリフェノールたっぷりのワインをたしなむ方は要注意です。
これらの多くは酸が強く、エナメル質を傷つける原因になります。
むし歯もむし歯菌そのものではなく、糖を餌にするむし歯菌が作り出す“酸”によって、歯が浸食されるのが原因です。食品による酸蝕も、実はむし歯と同じといえます。
酸度が強く、そのうえ砂糖も大量に含む炭酸飲料・清涼飲料水には特に注意が必要です。
酸の強い飲食物をとった場合は、きちんとケアすることが大切です。

次回は、酸蝕歯を予防するための予防やケアの仕方をご紹介します。
スポンサーサイト