FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

前回に引き続き、白い歯を維持するために、
酸蝕歯を予防するための予防やケアの仕方をご紹介します。

食後、口の中は酸性に傾きます。唾液にはそれを中和し、エナメル質から溶け出したカルシウムを再び歯に浸透させる働きがあります。
梅干しなど酸っぱいものを見ただけで自然と唾液が増えるのは、体が強い酸に備えるためと考えられています。
とはいえ、酸の強い飲食物をとった後には、口の中の酸を早めに中和することをお勧めします。
口の中をすすぐつもりで水やお茶などを飲んでみたりするのもよいでしょう。
また、酸に触れた直後は、エナメル質が軟らかくなっている状態なので、
歯磨きの前には水でよくうがいをして、食後30分以上たってから歯磨きをしましょう。
強いブラッシングもエナメル質を傷つける原因になります。

摩耗や酸蝕によってすでに失われたエナメル質は元通りにすることはできません。
しかし、これ以上悪化させないためにも、歯のエナメル質を守り、強化することがとても大切です。
毎日の歯磨きでもエナメル質を強化することができます。
歯磨き剤は低研磨性で歯にダメージを与えにくく、かつフッ素入りのものがオススメです。
歯ブラシは、コシのある軟らかめの歯ブラシがよいでしょう。

エナメル質を守るために!!
☆ダラダラ食べない!チビチビ飲まない!
☆飲食後は、水やお茶で口の中をすすぐ
☆かむ回数を増やし、唾液の量を増やす
☆口の中を、やさしくクリーニングしましょう。
スポンサーサイト