FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。


健康志向のためか、日本ではお茶系統の清涼飲料の生産量が群を抜いて
増えてます。

2007年、17億5800万ケースという史上最高の出荷数を記憶しました。
コーラなどの炭酸飲料は、1995年をピークに縮小傾向にありますが、カロリー、
糖分ゼロをうたったコーラが大ヒットだそうです。
健康志向で控えていた人々が味を求めて帰ってきたのでしょうか。
ミネラルウォーターが売上げを伸ばしているのも話題になっています。

問題は水代わりに、つまり水分補給としてボトルウォーターが飲まれている事です。
売るほうからすればうれしいことでしょうが、糖分の入った炭酸飲料も相変わらず好まれ
ており、どうせ飲むなら少しでも美味しい物をと考える人は多いようです。
飲み方によっては、わずかな糖分がいつも口の中にとどまり、ムシ歯のリスクは増えるのです。

ムシ歯予防のためには量より飲み方が問題にされるのです。のどが渇いたら水かお茶に
して、美味しい飲み物は食事とともに1杯、楽しく飲むのが体のためです。


よしずみ歯科医院
 

スポンサーサイト




クサビ状欠損とは、歯ブラシによる乱暴な横磨きや
歯磨き剤の使い過ぎで歯の根元が削れている状態をいいます。
冷たい水などがしみるようになってきます。

原因
歯の表面はエナメル質で覆われており、
 歯の根元はそのエナメル質がうすくなっているため、
 そこを歯ブラシ強く磨くと削れてきます。

クサビ状欠損を防ぐためには
① 強い力での横磨きをやめ、鉛筆を持つような
持ち方で丁寧に磨く。
② 研磨剤入りの歯磨き剤はやめ、知覚過敏用の
歯磨き剤を使う。

治療方法としては、削れた部分に白い詰め物をしていきます。
神経の近くまで削れてしまった歯は、神経を抜く治療をし、
その後、冠(銀歯)を被せます。

治療をした後も、磨き方・歯磨き剤に注意しておかなければ
また、削れてきたりするので気をつけましょう!!
         よしずみ歯科医院
自己紹介
◆◇はじめまして◆◇
4月1日からよしずみ歯科医院で働かせて頂くことになりました歯科衛生士の野上です。
好きな食べ物はお寿司です。嫌いな食べ物は特にありません。
いつも笑顔で患者さんに信頼される歯科衛生士を目指してこれからも頑張っていきたいと思います。
たくさんの方々とコミュニケーションをとっていきたいと思っていますので、ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、宜しくお願いします。

よしずみ歯科医院

歯石を取る前に歯周病の検査をしているのをご存じですか?

詳しく説明があり歯周病の治療計画の説明を受け、何度も治療に通う人もいれば、
検査をして歯石取りに入り、少ない回数で歯ぐきの治療が終わる人もいます。

この違いは、
歯周病の進行状況です。
初めに歯ぐきの検査をしていて、歯周ポケットの深さを測っているので
レントゲンと検査の結果をもとに歯周病の程度を診ています。

では、この検査とはどんなものかと言うと、
歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットという溝の深さを、歯ぐき用のものさしのような器具で測っていきます。

この深さが1~2ミリで歯ぐきからの出血がないと健康な歯ぐきととらえます。
同じ1~2ミリでも出血があると歯肉炎という歯ぐきが腫れている状態です。

3ミリ以上あると歯ぐきの炎症プラス歯を支えている歯槽骨とうい骨が溶け始めてきます。
いわゆる歯周病です。
この数字は大きければ大きいほど歯周病が進行しているということです。

この状態ではほとんどの場合、歯ぐきからの出血も見られます。


・・・というように歯ぐきの検査をして、その程度に合った治療をしていくのが
歯周治療です。


とても簡単ではありますが歯ぐきの検査についてお話してみました。
みなさんも検査の結果をもらった時は、自分の歯ぐきの状態についてみてみてはいかがでしょうか(*^_^*)

        よしずみ歯科医院