FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

今回は歯周病と糖尿病の関係についてお話します。

糖尿病があると歯周病が悪化しやすく、逆に歯周病があると糖尿病が悪化しやすいといいます。
そもそも、糖尿病があると歯周病がなぜ増えるかと言うと、
・口の中が乾燥する。
   (乾燥した口の中は菌が繁殖・活動しやすい)
・唾液の糖分濃度が高くなる。
   (口の中を潤す唾液や歯肉からの浸潤液はもともと血液から作られるため、高血糖下では口の中も同じ状況です)
・組織の修復力が低下する。
   (高血糖状態ではキズなどが治りにくい。つまり歯周病に対しても同じ)


要するに・・・

歯周病があると出血と一緒に歯周病菌が血液中に入り全身にまわってしまいます。
人の体はサイトカインと言う物質を分泌して細菌(ここでいう歯周病菌)に抵抗しようとします。
サイトカインはインスリンの働き阻害するので血糖値も上昇してしまいます。
つまり、歯周病が良くなるとこのサイトカインという物質の分泌が減り、
それと連動するように糖尿病も安定すると言えます。


以上とても簡単ですが歯周病と糖尿病の関係性についてお話しました。

血糖値のコントロールが必要な方は視点を変えてお口のクリーニングなどされてみてはいかがでしょうか(*^_^*)
直接的な糖尿病の治療ではないので劇的に…ではありませんが
口の中の細菌が減ることで少し血糖値が安定するかもしれません☆


よしずみ歯科医院
スポンサーサイト