FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

キシリトールについて
キシリトールとはトウモロコシの芯などを原料にした甘味料です。
甘さは砂糖とほとんど変わりません(^v^)
さらに、砂糖とは違い虫歯の原因となる酸を作らないので
虫歯菌の活動が弱まり、砂糖などからも酸を作ることが出来なくなります(^u^)

また、キシリトールが口の中に入れると、唾液がたくさん出るので
歯の表面を中和し、歯を酸から守ります(*^。^*)♪

食事をした後すぐに、キシリトール入りのタブレットまたは、
ガムを5分間中に入れておきます(^o^)丿
キシリトールの効果で、歯垢がはがれやすくなっているので
しっかりと歯磨きをしましょう!

歯磨きとキシリトールを上手に摂って虫歯予防に努めましょう(*^_^*)

よしずみ歯科医院
スポンサーサイト




噛み合わせが悪いと、歯の機能を十分に発揮できません。
正常な歯並びは、上下の歯が正しく噛み合うことでしっかりとかめ、きちんと食事をとる事ができます。
歯はお互いに支えあって咬む力に耐えているため、きちんと噛めない歯があると、他の歯やあごにも負担がかかります。
その結果、あごに痛みを生じたり、頭痛やめまい、肩こりがおこりやすくなります。顔の表情にも深く影響しており、歯並びが原因で生じる体への影響は思ってる以上に多いのです。

健康な歯、きれいな歯並びによって良く噛むことがができ、それが『元気のもと』と
なります。そのためにも日頃から、噛みごたえのある食品を積極的に取り入れ、よく噛んで食べることを習慣づけましょう。

よしずみ歯科医院


口の中の粘膜に発生する炎症を『口内炎』といいます。

『口内炎』のできる主な原因とは?
 「歯や入れ歯が粘膜に当たる」「乱暴な歯磨きで粘膜を傷つけた」「口の中の粘膜をかんだ」といった“物理的刺激”や、「歯磨きやうがいをしない」といった“口の中の衛生不良”また「病気や過労などで体力が低下している」「ビタミンB群やビタミンA、ミネラルなどが不足している」といった“体の不調”などがあります。

『口内炎』の予防と対策
 ・粘膜を傷つけないために適切なブラッシングを心がけ、口腔内を清潔に保ちましょう
 ・ビタミンB2が不足すると口内炎が起こりやすくなるため積極的に摂るようにしましょう。
 ・炎症部分を刺激する香辛料の多い食事や熱い飲み物は避けましょう。
 ・栄養バランスの乱れや過労、ストレスによる体力低下など、体に不調がある場合は、
食生活を改善したり睡眠を十分に摂り、生活習慣を改善し体調を整えましょう。

一般的に口内炎は約10日から2週間程度で治ります。ただし、一度に多くできる場合や、あまりに頻繁にできる場合は医師の診察を受けることをお勧めします。『口内炎』の症状のある患者様には、塗り薬を用意しております。また、レーザー治療により、痛みを和らげることも可能です。


しずみ歯科医院

はじめまして。 
四月に福岡から鹿児島に引っ越してきて、五月からよしずみ歯科医院で働かせて頂くことになりました歯科衛生士の永田です。
環境ががらりと変わり、初めの頃は戸惑う事ばかりでしたが、約四カ月が経ち、日常生活にしても、仕事にしても少しずつですが慣れてきた様に感じます。

まだまだ覚えることもたくさんあって、みなさんには迷惑かける事があるかと思いますが、たくさんの人とコミュニケーションとって、楽しく仕事ができればいいなと思ってます。
よろしくお願いします。

よしずみ歯科医院