FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

今回は歯や歯ぐきのトラブルを起こしやすい、親知らずのおはなしです。
親知らずは、上あごと下あごに2本ずつ合計4本あります。
しかし、4本がきちんと生えてくることはまれで、歯の元になる種はあっても歯ぐきや
顎の骨に埋もれたまま生えてこなかったり最初から歯の種がなくて生えてこない場合があります。
親知らずが生えてくるのは18歳~24歳頃と言われていますが、その時期は人それぞれでかなり高齢になってから生えてくることもあります。
親知らずが生えてきても何も悪さをしなければ気にする事はないのですが、他の歯が生えそろっているところに生えようとするため、きちんとはえるためのスペースが不足していることが多く、生えてくる段階で歯が曲ったり、傾いたり手前の歯にくっついたり押したりして、周りの歯や歯ぐきに負担をかけてしまいます。
また、親知らずは一番奥に生えてくるため、歯が生えた後に汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病になる確率が高いことが挙げられます。
しかも、その時は手前の奥歯を道連れにすることがあり、とてもやっかいです。
親知らずがきちんと生えていない場合の多くは抜いてしまうことがほとんどです。
これは、治療するにも歯が奥過ぎたり、歯の形がおかしかったり、的確な治療とメンテナンスができないと判断されるためです。親知らずが生えている方は、まずは磨きにくい場所なのでなるべく汚れを残さないように歯磨きをするようにしてください。


よしずみ歯科医院


スポンサーサイト