FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。


みなさんの中で、もし入れ歯(義歯)をお使いの方がいらっしゃいましたら、普通の歯と同じように清潔に清掃を行いましょう。
身体の健康はお口の中からといわれるように、入れ歯には細菌や真菌(カビ)など、目に見えない菌がたくさん付着しています。この病原菌がお口で繁殖すると義歯性口内炎を引き起こし、さらに様々な要因と共に全身の病気へと発展していく恐れがあります。

入れ歯の洗浄方法には2通りあり、ブラッシング洗浄とつけおき洗浄です☆
目に見える汚れはブラシでしっかり清掃し、目に見えない汚れは洗浄剤でしっかり除菌しましょう(^^)/
よしずみ歯科医院でも入れ歯専用の義歯洗浄剤が売ってありますので、気になる方は医院のスタッフに尋ねてみてくださいね♪



                         よしずみ歯科医院
スポンサーサイト



こどもが小さいうちは押さえつけて歯磨きをしている・・・という家庭は多いと思います。
おしゃべりが出来たりある程度我慢が出来るようになるとスムーズに出来るようになりますが、毎食後の事なのでかわいそうに感じたりすることも少なくありませんよね。。。
でもしないわけにはいかないし(*_*)
少しでも効率よく汚れが落とせたらそれに越したことはありません。
そこでおススメするのはフロスをしてから仕上げ用歯ブラシ又はワンタフトブラシで磨く方法です。
大人にもいえることですが、後回しにしがちな歯と歯の間の汚れを先に落としてしまうだけでムシ歯のなりにくさは全然違います。

子どものムシ歯が良くできる場所は、下の通りです。
  ・噛み合わせの溝
  ・歯と歯の間(特に上の前歯、奥歯の歯と歯の間)

奥歯の溝は「シーラント」という溝を埋める予防法がありますが歯と歯の間はフロスしか
ありません。
乳歯もはえそろわないうちからフロスが必要?と思うかもしれませんが
初めて検診に連れて行ったら小さいムシ歯がいくつもあった・・・とならない様に
小さいうちからフロスを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか(*^_^*)
いつかこどもさんの方から「糸ようじしないの?」となってくれたら、うれしいですよね(^^♪


            よしずみ歯科医院

どうして、困っていないのに歯石取りからするのだろう?
と、患者さんの中には、思われたことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか?


歯周病が治った後にムシ歯治療をするとこんなに良いことがあります。
・ムシ歯の再発のリスクを軽減できる。
・ムシ歯をよりキレイに削り取りやすい。
・かぶせ物や詰め物の適合がよくなる。
・かぶせ物や詰め物が長持ちする。
・かぶせ物や詰め物が、より自然に、美しく装着できる。
・歯周病による出血や膿でムシ歯の治療が阻害されない。

こういった理由から、当院では、ムシ歯治療と並行して、
歯周治療を行っています。
もちろん、痛みがある場合は、痛みの原因への治療を優先させていますので
ご安心ください。
患者さんの気持ちや意見を取り入れながら、
治療方針を立てていきたいと思いますので、
治療の進み具合で気になる時はいつでも御相談ください(*^。^*)

よしずみ歯科医院
新年あけましておめでとうございます。
お正月休みもあっという間に終わりましたね、、、。


年末は冷え込みましたけど風邪など体調崩されていませんか?

お正月といえば、おせち料理をたくさん食べられたんじゃないでしょうか??
休みが続くと、ついつい食事した後すぐの歯磨きもさぼりがちになりますよね、、、。
ダラダラ食事は、お口の中がむし歯になりやすい環境を作ってしまうので危険なんですよ!!

新年も明け仕事も始まり、気持ちも一新して今年も一年充実した年にしましょう。

本年も、みなさんの素敵な笑顔をつくれる様に精一杯お口のサポートをさせて頂きます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

よしずみ歯科医院