FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

セレーブデンチャー☆
みなさんは『セレーブデンチャー』という新しい入れ歯をご存じでしょうか?
今日はセレーブデンチャーについてご紹介します。
○金属バネがない
金属バネを使いませんので入れ歯と気ずかれにくい
○軽くて、薄い
金属部分が少ないので軽く、薄く、はめ心地がよくなります。
☆セレーブデンチャーのよいところ
・口元を隠す事がなくなった
・自分の歯みたいに噛みしめ感がある
・バネがかかっている歯が痛むことなくなった
・カラオケが上手くなった
・軽くてつけ心地がよくカタつきも少ない
・歯と入れ歯の間に食べ物がつまりにくくなった

このように今新しい入れ歯が入ってきています。入れ歯のことを考えている方、少しでも参考になれば嬉しいです☆

よしずみ歯科医院
スポンサーサイト



ムシ歯になりやすいお口の環境は、いつもお口の中に食べ物が入ってる状態です。
ムシ歯にならないためにも、食事と食事の間にお口の中を休ませてあげましょう。

その為には、、、
規則正しい食生活をしましょう。
食事と食事の間に、おやつを食べたり、ジュースなど飲んだりと飲食回数が多いと、常にお口の中が、酸性に傾いて歯が溶け始めます。
虫歯菌にとって、この酸性の環境はすみ心地サイコーなんです。

ムシ歯にならない為にも、おやつはちゃんと時間を決めて、ダラダラ食べをしないようにしましょう。
もちろん、食べた後は、ちゃんと歯磨きをする習慣をつけましょう。


よしずみ歯科医院

歯の治療はムシ歯やかぶせ物が終わればおしまい。。。と思っている方も多いと思います。
実はその考えは大きな間違いなんです(>_<)!!

ひと通り治療が終わった時ほど、メインテナンスに移行するタイミングです(^o^)丿

歯石も取り終わり、治療が必要な所もなくなり、
そこから3カ月に1回、毎月、半年に1回…
間隔は人それぞれですが、定期的に診て行くことで、
新たに出来る初期虫歯や、歯ぐきの炎症(歯石の沈着や歯茎からの出血)なども、
症状の軽いうちに見つけ治療することができます。

歯の治療は痛いし時間と回数もかかるから行きたくない…という方こそ!
定期検診をしっかりしていくことが少しでも治療回数を減らす近道です☆

『症状があるから行く』のではなく『なんともないから歯医者へ行く』に変えてみては
いかがでしょうか?
お口の中の大きな変化がない限り、通院回数は少なくなると思いますよ(*^_^*)
参考にして頂けると嬉しいです♪

 
            よしずみ歯科医院
歯にムシ歯ができると、痛みを感じます。
これは、歯の中の歯髄(しずい)と呼ばれる部分に、神経が
通っているからです。歯髄には神経の他に血管が通っており、歯に栄養を与えたり
酸素を運んだり、免疫などの防御反応を伝達するなど重要な役割があります。

ムシ歯が大きい場合、この神経を摂り除く必要がある場合があります。
歯の神経がなくなると痛みは感じなくなります。
しかし、歯の神経を取り除くということは、血管を含め歯髄全体を取り除くことを意味します。
そのため、神経を取り除いた歯は、血が通わなくなり栄養などが届かずやがて歯本来の抵抗力がなくなり、枯れた木の枝のようにもろく欠けやすくなります。
また再びムシ歯になっても、それを伝えるセンサーを失っているため、ムシ歯の発見がおくれてしまいます。
できるだけ神経を取らずに治療したいものです。
ムシ歯が進行する前に予防・治療をしましょう。

よしずみ歯科医院