FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

咀嚼の大切さ
咀嚼の目的は、食物の消化・吸収を助け、生命維持に必要な栄養素を摂取することです。
よく噛むことは健康で生きがいのある生活を営むための基本となります。
よく噛むことの効用
1. 栄養素の吸収を助ける
2. 胃腸の働きを促進する
3. おいしく食物を味わえる
4. 顎骨や咀嚼筋に刺激を与え、正常な成長・発育を促進させる
5. 唾液の分泌を促進する
6. 肥満の予防
7. 脳の活性化
このようにさまざまな効果があります。よく噛むことは、実践が容易で、費用もかからないため最良の健康法の1つです。お食事の際は、よく噛んで食べるということを意識していきましょう。そして、健康維持へとつなげていきましょう。

よしずみ歯科医院
スポンサーサイト



歯ぎしり・噛みしめって?
『歯ぎしり』や『噛みしめ』は、決して特異なことではありません。
誰もがしている一種の『くせ』と考えて良いでしょう。
しかし、ひどくなると時に次のような問題を起こします。
★歯ぎしりや噛みしめが与える全身への影響
歯の障害・・・歯がしみる。歯の摩耗。歯の破折。噛むと痛い。
歯周組織への障害・・・歯周病(骨の吸収)(歯肉の退縮)
顎関節への障害・・・顎関節症、開口障害、カックン音
全身への障害・・・顔面痛、頭痛、肩こり、腕のしびれ、腰痛
その他・・・舌痛症、舌圧痕、咬頬線
これらの症状のすべてが、『歯ぎしり』『噛みしめ』が原因というわけではありませんが
無用な悪い『くせ』はなくしておく方が良いでしょう。

★1.まずは日中の気付きから
安静にしているとき、上下の歯は離れていて、舌は上あごにくっついているのが正常です。
仕事中や勉強中など、何かに夢中になっているとき、ふと気がつくと噛みしめている、あるいは舌を押し付けていることはありませんか?そんな時には、肩を上下させ、首から上の力を抜き歯を噛み合わせないようにします。

★2.寝ているときのコントロール
1.枕を低くしましょう。
2.布団に入ったら何もかんがえないようにしましょう。
3.眠る前のトレーニング
まず思いきり噛みしめる、1~2秒後にフッと顎の力を一度に全部吐く。
息を吸いながら思いきり大きな口を開け、ガクンと一気に脱力すると同時に息を吐く。
肩→胸→腹→太ももの順に、」力を入れる→脱力を行う。
全身の力が抜けた状態でぐっすり眠る。

これらのように、日常から気をつけていくと、『歯ぎしり』や『食いしばり』の症状を少しでも防げるのではないでしょうか?

よしずみ歯科医院
どうして歯がなくなるの?

★歯が無くなる2大原因
1位むし歯 2位歯周病 3位その他
歯が抜ける原因は、老化ではありません。むし歯と歯周病で、抜けてしまっているんです。
つまり、むし歯と歯周病を予防すれば、歯を失う状況はほとんどなくせます。

① 歯医者さんで唾液の量をチェックしてもらおう。
唾液は消化を助けたり殺菌したり、お口をきれいに保つのに欠かせない液体。
唾液が少ないと、咬んだり飲み込んだりがつらくなり、のどや粘膜の病気、むし歯にもなりやすくなります。
② 間食を減らして、歯の健康を守ろう。
唾液がでにくいうえに、間食が増えると、むし歯危険度が急上昇。
とくに歯ぐきが下がって歯の根元が見えてきた部分が、とってもむし歯になりやすいんです。
③ お薬の副作用で、唾液が出にくくなることも。
唾液を出にくくする原因の一つに、お薬の副作用があります。毎日、いろんな薬を飲んでいる方は、「副作用の小さいお薬にかえる」など、いちど先生たちに相談するのもいいかもしれないです。

★今までは悪くなった時だけ歯医者さんに行っていた方も、これからは定期的に歯医者に通い悪い所があれば早めに治療するようにすれば、80歳で20本の元気な歯も夢じゃありませんよ!

よしずみ歯科医院
歯ごたえは歯根膜で。
歯根膜という言葉を聞いたことはありませんか?「しこんまく」と読みます。歯と歯を支えている顎の骨の間にあるクッションのような役割をしている部分です。

シジミやハマグリのお吸い物を食べていて、硬い砂を噛んだことがあると思います。こんな時とっさに歯根膜にきている神経が今硬いものを噛みそうだという信号を脳に送って顎の筋肉の力を緩めて歯が壊れないようにしているのです。
さらにこの歯根膜、味覚を高める働きをしています。歯ごたえ、といった言葉で表現される感覚、コリコリしておいしいこれもやはり歯根膜にかかる微妙な圧を脳で感じとっているからです。

こんな視点でみると歯も重要な感覚器と理解されます。虫歯や歯周病で歯を失うと歯根膜も失うことになります。フグ刺しの何とも言えない歯ごたえ、讃岐うどんのコシのある感じさえも実に頼りないものになってしまいます。虫歯や歯周病で歯を失う前に、早期発見で小さな処置で食い止めたいものですね(^^)/

       よしずみ歯科医院