FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

日本人の平均寿命は、女性世界1位・男性世界5位で男女合わせると
日本は世界一の長寿国。ところが、歯の平均寿命は約50~65年で
命の寿命と比べると約20年以上も短いそうです。

最近では、プラークコントロールが注目されています。プラークと
いわれると何だかスタイリッシュなイメージでしょうが、実は
歯垢のことです。歯垢の正体は料理の食べかすなどの生易しいもの
ではなく、細菌の塊。スタイリッシュとは程遠い存在なのです。
歯の表面に白く付着したヌルヌルとしたものアレがすべて細菌だと思うと、
ゾッとしない人はいないでしょう。細菌から発生する酸や毒素が、
むし歯や歯周病の主な原因です。さらに唾液の中のカルシウムと結合
して石灰化し、歯石となって蓄積するのでタチが悪いのです。歯石に
なると容易に取り除けない上に、そこがさらに細菌の温床になって
歯周病やむし歯に拍車がかかってしまいます。

健康な歯を少しでも長く保ち続けるためにも、日々のデンタルケアが
重要になってきます。

     よしずみ歯科医院
スポンサーサイト



9月中旬からよしずみ歯科医院に仲間入りした歯科衛生士の柏原です。まだ慣れないこともありご迷惑をかけると思いますが、患者様のお口の健康の手助けができるように頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。なにかありましたらお気軽にいつでもお声かけ下さい。
よしずみ歯科医院
最近ナイトガードを作られる患者さんがふえています
ナイトガードとは、就寝中の歯ぎしり、くいしばりから歯を守る装置です。
ナイトガードにより歯を破折、摩耗から守ることができます。

では、就寝中の歯ぎしり、くいしばりをそのままにしておくとどうなるのか…
歯ぎしりや、くいしばりが続いた結果
歯根が破折してしまい抜歯しなくてはいけなくなったり、摩耗した結果、歯髄が露出してしまい歯の神経を抜かないといけなくなったり……

あまりいいことはないのです。

ですが、なにしろ就寝中の出来事。
中々ご自身ではわかりづらいかもしれません

ご家族からのご指摘がある方、もしくは、起き抜けに顎が疲れるなどの自覚症状のある方
もしかして、就寝中の歯ぎしり、くいしばりがあるのかもしれません


ぜひ一度来院されご相談下さい。
              
 よしずみ歯科医院
歯ぐきからの血は出した方がいい?
*怖がらずに出血させることで、歯ぐきは強くなる。
歯ぐきは柔らかい組織で、とてもデリケートです。歯ブラシを軽く当てた程度でもすぐに出血する場合は炎症を起こしている状態だと考えられます。
例えば、手足の皮膚をけがしたときには、血液をそこへ送って菌を殺し、早く治そうという働きが起こります。歯ぐきも同じで、炎症が起こると血液がたまり出血しやすくなります。
出血を怖がって歯磨きをしないと、歯ぐきのはれはどんどん悪化していきます。初めは柔らかい歯ブラシを使い定期的に歯ぐきを刺激してください。そうすると、歯ぐきの新陳代謝や血液が促進され、新しい歯肉が増殖されて、元気な歯ぐきに生まれ変わります。
ただし、健康な歯ぐきに対して、わざと硬い歯ブラシで刺激して出血させるようなことはしないようにしてください。歯ぐきに傷をつくるだけです。

特定の部位から出血が慢性的に続くようであれば、歯科を受診するようにしましょう。
歯周病が原因で出血する場合は、歯ブラシで刺激して歯ぐきを鍛えます。ただし、歯周病もひどくなると危険なので注意が必要です。

              よしずみ歯科医院