FC2ブログ

よしずみ歯科医院 ブログへようこそ!

鹿児島市上福元町にあるよしずみ歯科医院です。 よろしくお願いします。。。

毎日きちんと歯を磨いているはずなのに、
歯がしみる、黄ばんで見えることはないですか?
毎日歯磨きしていても、年齢とともに歯もエイジング(加齢)し、白さや輝きが奪われていきます。

歯の本来の機能や見た目の美しさが損なわれるのには、主に以下の4つの原因が考えられます。
①むし歯や歯周病
②歯ぎしりや奥歯を強く噛みしめることなどによる磨り減り(溝)
③強く歯を磨くことなどによる磨り減り
④“酸”による歯の表面が(エナメル質)が溶ける
 
むし歯や歯周病、かみ合わせなどは歯科での治療が必要となるものです。
歯のトラブルは、そのまま放っておいても治らないので、早期の治療が必要です。
さらに、定期検診や歯石除去などで、歯の美しさとともに歯の健康を守ることをオススメします。

特にホルモンバランスの変化が大きい女性は、歯周病などになりやすいので注意が必要です。
歯周病菌の中には女性ホルモンが多い環境を好む菌があり、ホルモン量が増える生理前や妊娠中には歯周病のリスクが大幅に高まります。
歯周病のある妊婦は、歯周病がない妊婦中に比べて早産や低体重児出産のリスクが
約7.5倍にも高まると報告されています。
また、生理前や妊娠中は歯ぐきが過敏になりやすく、つわりなどもあり歯磨きがおろそかになったり、吐き戻した胃酸で歯が弱まったりと悪循環を招きやすい状態です。
口腔内疾患の治療は妊娠前にすませておいた方がよいでしょう。
また、更年期に差し掛かると、女性ホルモン量が低下する影響で、骨粗しょう症や唾液の分泌機能低下によるドライマウスのリスクも高まります。これらの疾患も歯周病を招く原因と考えられているので注意が必要です。

美しく健康は歯を維持するためには、常に口の中を清潔にしておくことが重要ですが、
実は“念入りな歯みがき”にもリスクが潜んでいます。
研磨力の強い歯磨き粉などでゴシゴシ磨く人がいますが、かえって逆効果になることがあります。
歯の表面を覆っているエナメル質が薄くなって中の象牙質が透けてしまうと、歯の輝きが奪われ黄ばんで見えることがあるからです。

次回は、歯の美しさを担うエナメル質について紹介します。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ydc888.blog14.fc2.com/tb.php/121-c47413d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
まとめtyaiました【白く輝く歯でいるために!!】
毎日きちんと歯を磨いているはずなのに、歯がしみる、黄ばんで見えることはないですか?毎日歯磨きしていても、年齢とともに歯もエイジング(加齢)し、白さや輝きが奪われていきま...
2012/07/10(火) 21:18:40 | まとめwoネタ速neo